プロフィール

kazuyan001

Author:kazuyan001
●名前:カズヤン
●性別:元気な雄(40代)
●職業:平凡な会社員

生きてりゃ色々あるよね!面白いをキーワードに書いていこうと思ってますd(^。^)

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブロとも申請フォーム
タグクラウド

雨の鳥取観光 ~3~

さて旅の目的地最終!!

わらべ館到着とあいなりました
IMG_0551_convert_20140914043747.jpg
かなり広いです(゜o゜)

街中に突如現れるんですが
駐車場もかなりの台数が停めれるので
人気スポットだとうかがえました


入口を目指し歩いていると
突然鐘の音が響きだし
見上げると
p0Sa6s1xwzA_vXYErJw_jhuLFYylijGqb3i8I72xwiIuBu.jpg
なんと仕掛け時計がお出迎え(^.^)

定刻になると動き出すそうですが
偶然遭遇でき幸先よい感じでいざ入館!!

入館料は
大人500円
高校生以下 無料
となっており
お得感満載せす!(^^)!

この『わらべ館』いったい
なんぞや???

わらべ館は、鳥取市の新しいシンボル施設として、
童謡・唱歌のふるさと鳥取をPRし
89鳥取・世界おもちゃ博覧会の成功を顕彰するために
平成7年7月7日に開館しました。
かつての鳥取県立図書館の外観を復元した
レトロ調の建物は
なつかしいうたやおもちゃでいっぱいです。
年齢も時間のたつのも忘れてお楽しみください。

と記載がありました(゜o゜)

建屋は3階からなっており
各フロア毎に内容が違います

まず1階なんですが
『童謡の部屋』
となっており
それにまつわる展示がされています。

イメージは古き学校です
yjimageCHFXWBVZ.jpg
校庭を思わせる入口

中に入ると
9.jpg
教室になっており
常にわらべ唄が流れているので

懐かしい気持ちにさせてくれます(^.^)


続いては3階に移動です
『おもちゃの部屋』
ここはブリキの玩具から現代までの展示と
昔遊びを体験する階です
IMG_0552_convert_20140914043811.jpg
中に進むと
mLXA__VxwzClfWxLa_9M6sh6WVERe8jzRX4hZ9iUM1RiVAmS3c4LMTAskBYLkvAaAy5UQuadToa46L97RghnI3.jpg
僕が興味を示した
IMG_0553_convert_20140914043841.jpg
オモチャたち(^.^)

どれも懐かしくて魅入ってしましました


ここから一つ降りた
2階はと言うと
『おもちゃの部屋』
なんです(@_@)
しかしここでは展示ではなく

実際に遊ぶ部屋で色々な玩具が置いてます
大きなものではジャングルジムもあり
小さなお子さんが楽しんでました!(^^)!

僕達一行の目的はその先にある

『おもちゃ工房』
IMG_0558_convert_20140914044006.jpg

なぜなら此処で夏休みの宿題
を済ますつもりだったんです(@_@)

1階で工作キットを購入し
此処でしどうしてくれながら
作る!(^^)!
同じ目的か解りませんが
かなりの賑わいです。

なんせ道具から全て揃ってるので
かなり使える(^0_0^)

IMG_0557_convert_20140914043942.jpg
我が子は20種類ある中から
『ビー玉ゲーム』734円を選び
1時間かけ一緒に作りました!(^^)!

工作の完成が旅の終わりを告げ

旅路から家路へと

向かうのでした(^.^)

我が家においては
かなり記憶に残る
旅となりました。

皆さんの夏はいかがでしたか?


僕は思い出と共に
こんな唄を聞いてました








追記:2014年9月20日

この記事にトラックバックを頂きましたので
紹介させて頂きます。


ケノーベル様
グローバルなツールと言える
Google Earth(TM)、Google Maps(TM)
のバルーン上に
全国各地(現在約177,000箇所)の
地域情報を表示させ公開されており
とても扱いやすく
旅先の情報に役立つと思われます。

読んで頂き有難うございました(^。^)

雨の鳥取観光 ~2~

さてかにっこ館を後にし

車を東に走らすこと1時間弱

目指す2カ所目は

『コナンの里』

世間的にはルパンにつぐ
国民的アニメなのかな?

いづれにせよ人気は相当なものですよね

鳥取では水木氏に続いての

有名人となるそうで

街全体で取り組んでいるようです。

IMG_0532_convert_20140914024519.jpg
敷地に着くや出迎えてくれたコナン達

幸いふるさと館
目の前の駐車場が空いてました
(雨だったんでお客は少なめです)

さていざ入館!
家族3人分のチケット購入
IMG_0590_convert_20140914024722.jpg
どうやらデザインがス数種類あるようです

館内は基本的に
撮影禁止

館内エリア毎にクイズ

が設定されており

どうやらそのクイズに正解すると

最後に認定書が貰える(ー_ー)!!


水木ロードに続きこれは参加せねば!!!


大体30分くらいで

ゴールです

そして貰いました認定証
IMG_0591_convert_20140914024701.jpg


実はこれくらいです
館内での楽しみ・・・

たぶんファンにはたまらない
場所かもですが
娯楽施設としてみたときは・・・
まぁ~
人ぞれぞれですんで(^.^)


さて気を取戻し
受付で聞いたもう一つの
期間限定施設

『巨大迷路』
に向かう事にしたんです!(^^)!

丁度雨も上がっていたし
車で5分のとこらしく

近くにはコナンの橋もあるとの
こと。


IMG_0535_convert_20140914024547.jpg
迷路ありました(@_@)

もの凄く簡易な迷路・・・・
着いた時には雨があがっていたんですが
朝からの雨で
地盤がユルユル・・・

他にも観光客がいたんですが
皆さん撤退・・・

入口に戻り
横の橋をみたら
IMG_0536_convert_20140914024611.jpg
居ましたコナン君・・・

振り返り奥さんに一言・・・

『さて次行くか』


(次は大丈夫・・・待ってろチビすけ!)


帰路に向かう道のりで

寄り道したいのは後1か所(・へ・)

最後は決めねばと
東へ車を走らせてると

『フト』気づいたことが・・・

海岸沿いを走ってきたせいか
この街には
かなり『多い!』
IMG_0539_convert_20140914024638.jpg
風車が(゜o゜)

点々と存在してるのを見たことは
あったんですが

軒並みに立っているは初めての
光景でしたね!(^^)!


新鮮な光景を目にしながら
最後の目的地へGO!GO!














読んで頂き有難うございました(^。^)

雨の鳥取観光 ~1~

我が家の旅行最終日(@_@)

残念ながらの雨・雨・雨

移動するには困りますが

今回、雨は想定内!


雨の鳥取観光
と洒落込みますか(^.^)



目指す一か所目
『鳥取県立かにっこ館!』

こちらは
名の通り、カニ専門の水族館なんです

水族館といっても入館料は無料

何故なら、とっとり賀(カロ)露という広大なドライブイン的な施設の一部としてあるからなんです

漁港の近くにあるので

海鮮市場も併設してます。

さていざ入館!
IMG_0540_convert_20140914001836.jpg

中は思ったより広い!
IMG_0541_convert_20140914001906.jpg
最初に迎えてくれたのが

タッチプール(^.^)

ここでは、ヒトデ、ウニ、タイの稚魚など

数十匹が泳いでおり

確実に魚をつかめる!!!

タッチプールの注意書きがあるんですが・・・

『3秒ルール!』
何かと思えば
掴んだ魚を3秒以内に放して
下さいと言うもので
なかなかイイおふれだと思いました(^.^)



すぐ横には
IMG_0549_convert_20140914002139.jpg
大型水槽で回遊魚が観覧できます
(マダイ・スズキ・コブダイ・トチザメetc)

子供連れで行かれるなら

この水槽の右側に並んでる

『毒のある魚水槽』
を是非見て頂きたいです!

僕もチビと実際の魚を見ながら
教えれたで
かなりイイ水槽だと思います。

第一エリアは触れ合いがメインです

さて当館の主役のカニ!

少し暗くなったエリアに進むと
IMG_0547_convert_20140914002112.jpg
カニ水槽となります

僕も勉強になりましたが

カニは生き残る為に

様々な形態をもち進化してきたようです

意外に興味が湧く生物ですよ


一番大きな水槽には
IMG_0542_convert_20140914001939.jpg
タカアシガニが一匹
確か1M越えてました(゜o゜)

次に大きい水槽に
IMG_0544_convert_20140914002007.jpg
タスマニアオオガニ?だったかな(ー_ー)?
とにかく片側の爪が異様にデカイ!

その他に
特殊形態のカニコーナー

松葉ガニ専門コーナー

などがあり1時間くらい過ごしていました


詳細はかにっこ館でご確認頂けます。

無料で楽しめた
かにっこ館
立ち寄る価値はありますよ
(^_^)/










読んで頂き有難うございました(^。^)

旅路 ~皆生温泉3~

さてさて温泉でくつろぎ

ご飯も食べ満足した僕達一行は
本日のメインの花火大会
を満喫することとあいなります。



7月中旬から8月24日迄
海辺の旅館協賛で縁日と花火を5分間
打ち上げてるようでした。



今年は地元や近隣の
花火大会にチビを連れていけず
ラストチャンスだったんで

親父としては助かりました!(^^)!


家族3人浴衣をまとい
下駄をカラカラと鳴らしながら
会場まで歩いたんですが


とても記憶に残る瞬間
俺たち『家族』なんだと
深く感じ暖かな気持ちでしたね(^.^)


歩くこと3分!
会場は人であふれ
活気に満ちてます!(^^)!
IMG_0520_convert_20140907231037.jpg

ひとしきり縁日を楽しんだ
僕達は花火を見るため
特等席に向かいます

因みに浜辺では、海の家で
椅子をレンタルしてくれてました。

海に向かい無数の椅子が
並び出した中をぬけ
僕達は戻ります。

僕達の特等席
z9hfOW.jpg
そう部屋風呂なんです!(^^)!

眼下には多数の人・人・人!

(小さな優越感に浸る僕)

さて家族で風呂につかり
ビール片手に観賞(^.^)
IMG_0527_convert_20140907231125.jpg

花火が上がるごとに
大きな歓声もあがります

IMG_0529_convert_20140907231155.jpg

約5分あがる花火も最後!
チビすけは思わず立ち上がって

『スゲ~!!!』




こうして
『皆生温泉 湯喜望 白扇』
での夢のような一夜がふけていきました。




余談ですが
奥様は深夜に目が覚め
部屋風呂と
月夜を
満喫したそうでした(@_@)

次回は2日目!
帰宅までの道中
を綴ります!(^^)!

因みに土砂降り(@_@)
しかし雨でも楽しめる
場所をリサーチしてたんで
楽しい終わりを
迎えれましたよ!(^^)!




読んで頂き有難うございました(^。^)

旅路 ~皆生温泉2~

食事迄の時間を男二人で
IMG_0514_convert_20140907021524.jpg
絶景を楽しみながら過ごしてる間

奥様はと言うと
ロビーでサービスの浴衣を選び

露天風呂へ
Y329141020_convert_20140907024315.jpg
こちらの旅館
なかなかお洒落なつくりになっており

上記の温泉『湯喜望殿』
真ん中が檜風呂
対格にそれぞれあり
一度に3タイプ湯が楽しめます。

別の場所に大浴場とサウナがあり
内風呂なくても十分に楽しめるかと(^.^)


因みに
大浴場は5:00~9:00、15:00~24:0
露天風呂棟は5:00~9:30、15:00~24:00
が利用時間です。

夜遅くだと神秘的な時を過ごせました
Y329141248_convert_20140907024336.jpg


さてさて
楽しい時間は過ぎるのが早い(@_@)

食事の時間がもうやってきました!

テーブルに並んだ数々の品
IMG_0531_convert_20140907021849.jpg

旬のものがどっさりと!(^^)!
IMG_0517_convert_20140907021621.jpg
まずは一陣目の品たちが並び
かなり満腹(@_@)

思わず『おしながき』
IMG_0518_convert_20140907021650.jpg
見直し・・・・まだくるやん(@_@)

奥さんの箸が止まりがちになりだした頃
仲居さんが第2陣を
IMG_0519_convert_20140907021715.jpg
〆にカニ飯!!

デザートはケーキとアイスだったかな???
僕は奥様のお残しと交換したなデザート(^.^)





読んで頂き有難うございました(^。^)

訪問ありがとう(^。^)
Pic Up


ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へ